ホーム > 院長ブログ > 肩こり、腰痛にはS字状のカーブをした背骨が大事!

院長ブログ

  • mixiチェック

肩こり、腰痛にはS字状のカーブをした背骨が大事!

■2017/01/19 肩こり、腰痛にはS字状のカーブをした背骨が大事!
 あなたは立っている時と座っている時どちらの方が楽だと思いますか?
時間にもよりますが、長い時間になりますと立っている時の方が腰は楽なんです。それは立っている時は背骨がS字状の正常なカーブを形成できて腰に掛かる負担を軽減できますが座っていると生理的なS字状のカーブが崩れて、上半身の重さや重力を分散することができずに腰に負担が掛かるのです。
 このように人間の背骨の形は横から見ると首の方は前の方にカーブして背中で後ろに、腰でまた前の方にカーブする生理的な湾曲があることによって重力などを分散し背骨に掛かる負担を軽減することができます。
カーブの角度は個人差があり、特に女性はカーブがあまりなく首がフラットでストレートネックな方も多くいらっしゃいます。
こうした方はやはり肩こりになりやすくなります。
 背骨の形状は遺伝や日常の姿勢の影響などいろいろな要素があり、すぐには変えることができませんので対策として車の運転や仕事で長時間座る際は腰にクッションなどを当て湾曲を作る。首は500mlのペットボトルを横にしてその上にタオルを置きそれを首に当て5~10分くらいストレッチとして寝てみてください。ただ、このまま朝までねてしまうと首が逆に痛くなってしまうので注意してください。
 ぜひ、S字カーブを意識して日常生活を過ごしてみて下さい。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
きよしヶ丘整骨院
http://www.kiyoshigaoka-seikotsu.jp
住所:〒270-0013 千葉県松戸市
小金きよしケ丘3-4-22 メゾン北小金202
TEL:047-711-6763
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
問い合わせ:047-711-6763