ホーム > 院長ブログ > 肩こりには血行を良くする食事を意識しましょう。

院長ブログ

  • mixiチェック

肩こりには血行を良くする食事を意識しましょう。

■2017/01/23 肩こりには血行を良くする食事を意識しましょう。
 肩こりは、単に肩周辺の筋肉が凝り固まる(緊張したままの 状態)だけでなく、疲労物質の蓄積、血管の収縮、血行不良、自律神経の緊張など、さまざま生理的異常を引き起こします。症状が進行すると、頭痛や吐き気などを引き起こすこともあります。
 一般的に、偏食、運動不足、神経疲労、ストレス、無理な姿勢などが肩こりの原因です。なお、病気による肩こりもあり、胃腸障害からガンまで、さまざまなことが原因となりますので、その際は原因となる病気の治療が優先となります。
 基本的には、筋肉の凝りをほぐし、血行を良くしてあげれば、肩こりは緩和します。
 そのため、血行を促すような食事内容で、間接的に肩こりを解消することができます。
 例えば、野菜はなるべく温野菜で摂り、ネギやニンニク、ショウガ、スパイスなど身体を温める食材を取り入れるようにします。
 冷たい飲食物、生野菜、果物、白砂糖、化学調味料などは、身体を内側から冷やすため血行不良を招きやすく、肩こりの原因となります。摂り過ぎに注意が必要です。飲料は、温かいものか常温のものを、少しずつこまめに摂るのがおススメです。
 バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠、入浴などでリラックスするなどが、肩こりの軽減に効果が期待できます。
これらのことを意識して日常生活を過ごしてください。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
きよしヶ丘整骨院
http://www.kiyoshigaoka-seikotsu.jp
住所:〒270-0013 千葉県松戸市
小金きよしケ丘3-4-22 メゾン北小金202
TEL:047-711-6763
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
問い合わせ:047-711-6763