ホーム > 院長ブログ > スマホ巻き肩は要注意ですよ。

院長ブログ

  • mixiチェック

スマホ巻き肩は要注意ですよ。

■2017/02/27 スマホ巻き肩は要注意ですよ。
スマホ巻き肩は要注意ですよ。
昨日の読売新聞にスマホ巻き肩に関する記事が掲載されていました。それだけ今の時代スマホを利用している方が圧倒的に多いということでしょう。
スマホ巻き肩の姿勢は首を前に出して下を向いて肩は前に巻いてるように出てしまう状態です。この記事によると自分がそのような状態になっているか、判断するのには鏡の前に横向きで立ち、肩甲骨が見えたらスマホ巻き肩の可能性がある。また、壁にかかとと背中を付けて立ち、深呼吸をして、肩が浮き上がるのも可能性があると書いています。
このような姿勢の状態が続くと慢性的ぬ肩こりはもちろん、頭痛やめまい、手のシビレや疲労感も感じるようになります。
とは言っても、便利なスマホをやめる訳にもいきませんので、やる際の姿勢をなるべく前かがみにならないように注意したり、肩甲骨を大きく動かしたり回したり、または両手を後ろに回して手を組み息を大きく鼻から吸って、口から吐きながら頭を天井を見るように上げます。これを3回繰り返します。これにより首の前の筋肉や胸の筋肉が伸ばされますので、予防にも繋がります。
ぜひ、スマホをやる際は姿勢とアフターケアを意識して行って下さい。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
きよしヶ丘整骨院
http://www.kiyoshigaoka-seikotsu.jp
住所:〒270-0013 千葉県松戸市
小金きよしケ丘3-4-22 メゾン北小金202
TEL:047-711-6763
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
問い合わせ:047-711-6763