ホーム > 院長ブログ > 骨折ではなかったものの…

院長ブログ

  • mixiチェック

骨折ではなかったものの…

■2017/06/05 骨折ではなかったものの…
土曜日の夕方18時頃に初めて来た患者さん、薬指をケガしたとの事でかなり痛そうな様子。ちょっとでも動かすとウッ!と自然と声が出てしまい悶絶する感じだった。
けがした原因は会社の草野球大会でバットを素振りした際にバットのツカの部分が薬指にめり込む形になり、バットを振った遠心力で勢いが増して、痛めてしまった。と本人は分析していた。普段から運動をしていないとそんなこともあるかもしれないな〜と思いながらも、固定具を作り包帯を巻いて固定処置を施した。指の根元の部分や手のヒラの部分の圧痛が気になるので、月曜日に会社の近くの整形外科に行ってレントゲンを撮るように勧めた。ひょっとしたら骨折しているかもしれないと患者さんにも説明をした。
そして先程その患者さんから電話があり、病院に行ってきたとの事で、話しを聞いてみると「骨折はしていなかった…」あ〜良かったと一瞬思ったが、その後「しかし影があるのが気になり、MRIも撮って、腫瘍があるのがわかった。ひょっとしたら手術するかもしれない…」との事で予想外の話しで、ほんとに驚きだった。
だからバットを振ったぐらいで、あそこまで指が痛くなってしまったんだろう。
でも、整形外科への受診を勧めて本当に良かった。骨折の疑いが結果的に腫瘍の発見に繋がったので、もし自分の所でただの捻挫と判断して整形外科を勧めなかったらと思うと…本当怖かったと思う。
いい勉強になった症例だった。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
きよしヶ丘整骨院
http://www.kiyoshigaoka-seikotsu.jp
住所:〒270-0013 千葉県松戸市
小金きよしケ丘3-4-22 メゾン北小金202
TEL:047-711-6763
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
問い合わせ:047-711-6763