ホーム > 症状別

症状別

むち打ち治療




◆むち打ちの特徴と主な症状の特徴

当院では、むちうち治療に特化した施術を提供しております。

そもそもむち打ちとは、交通事故などが起因となり
発生することが多く、首回りの骨や関節、筋肉が正常な位置よりずれてしまうことによって
発生してしまう症状になります。

主な特徴として以下のような症状を訴えることが多いです。


【むち打ちの主な症状】

・頭痛や吐き気、めまいがする。

・首の後ろに違和感がある。突っ張っている感じがする。

・事故当初は痛くなかったけどだんだんと頭痛が止まらなくなってくる。

・首を動かすときに痛みが走る。

・首や肩が動かしづらい。




◆むち打ちの治療法

当院では、むち打ちの治療をできるだけ患者様に負担をかけない施術で
行わせて頂くことを心掛けております。

むち打ちの症状で気をつけなければならないないことは
できるだけ首を動かしてはいけないということです。

そのような理由から当院では、痛みがより強く発生しないように
首回りの骨や関節などを元々の位置に戻す調整を最初に行わせて頂きます。

調整の次に行うのが、事故によって筋肉が緊張しているため
この筋肉をほぐす施術(マッサージ)です。

双方の治療をバランスよく行うことによって、症状改善のスピードを
早めることができます。

重症の患者様には首を固定する装具なども完備しておりますので
いつでもどんな症状でも、当院に任せて頂ければしっかり治療を
行わせて頂きます。



その他症状はこちら

≫ 肩こり
≫ ストレートネック
≫ 四十肩・五十肩
≫ 腰痛
≫ ぎっくり腰
≫ 寝違え
≫ 坐骨神経痛

肩こり治療




◆肩こりでこのような悩みを抱えておりませんか?


・頭痛やめまいなどがとても気になる。
・デスクワークの作業が多いので、肩こりがいつも気になる。
・肩こりが慢性的に続くことで呼吸などがしづらい。
・肩甲骨の間が凝っていて、いつもマッサージをしてもらっている。
・肩こりが気になって集中力が低下してしまう。




◆当院の肩こり治療では、肩甲骨の動きを重視して施術いたします。

肩こりの主な原因は、首の骨と肩甲骨を繫いでいる筋肉が大きく
影響していると言われています。
長時間の座位では、首回りの筋肉を使っていないように思いがちですが
頭を支えるだけでも筋肉は常に使っているので、肩こりの症状に
発展してしまう可能性があるのです。

当院では、できるだけ肩周りの筋肉をほぐすことを重点的に治療を
行わせて頂いております。筋肉をほぐさないと、すぐに筋肉は収縮するようになりますので
慢性的な肩こりの症状を抱えるようになってしまいます。

そのようにならないためにも、筋肉に負担をかけないような
治療を中心にご提供させて頂きます。



その他症状はこちら

≫ むちうち
≫ ストレートネック
≫ 四十肩・五十肩
≫ 腰痛
≫ ぎっくり腰
≫ 寝違え
≫ 坐骨神経痛

ストレートネックの症状



◆このような悩みを抱えていたらストレートネックかも?

頭痛がする
・肩がこる
・首が痛い、首が動かない
・頚椎症、椎間板症
・上が向きにくい
・めまい、ふらつき感がある
・手のしびれがある
・寝違いを繰り返す
・逆流性食道炎、胸焼け、吐き気がする
・自律神経失調症、うつ



ストレートネックとは?

首にある頚椎の前湾角度が30度以下の、首がまっすぐな状態の症状のことを指します。





正常な首は頚椎の前湾角度が30~40度となっており、カーブを描いているのが特徴です。このカーブによって重心をとらえ、頭の重みを分散しバランスよく支えています。さらに頚椎のカーブは歩行時などの足から脳へ伝わる衝撃を軽減する役割もあり、とても大切なのです。このカーブが失われ首の骨がストレートになってしまうと、約5kgあると言われている人間の頭を首や肩の筋肉だけで支えることになり、これにより筋肉の緊張が増し、慢性的な肩こり・頭痛・首のハリや痛みなど様々な症状が現れます。

ストレートネックの原因と体への影響


以前はあまり聞かなかったストレートネックですが、近年男女ともに増加傾向にあります。なぜ増加しているのか?
事故やスポーツによって頭部や首が衝撃を受けてまっすぐになってしまうことや老化や加齢によっても発症しますが、多くは現代の生活の上で欠かすことの出来ないPCを使ったデスクワークやスマートフォンの使用など下を向いて作業をすることが増えてきたことによる原因が挙げられます。
また、上記以外に、悪い姿勢のまま長時間過ごすことによってもストレートネックになってしまう恐れがあります。



◆ストレートネックの影響

肩と耳の前が一直線にならんだ角度0度のとき頭の純粋な重さ約5kgが首にかかります。頭を前に傾ける角度が増すにつれ、15度で12Kg 30度で18Kg 45度で22Kg 60度で27Kgと負荷が強くなっていきます。
そのため、PC作業やスマートフォン、ゲームなど下を向く姿勢が増えるとその分負担が大きくなり、肩こりや頭痛、さらに首が前に出るぶん、バランスをとろうと猫背や骨盤のゆがみの原因にもなります。






ストレートネックの治療

ストレートネックは、そもそも病気ではありません。日頃悪い姿勢でいることで起こる状態であり、それゆえに完全に元に戻すことは難しいとされています。

当院では、まっすぐな骨を曲げることはできませんが、まっすぐになったことで緊張した筋肉をほぐし、体全体のバランスを整え、自然な湾曲を取り戻すようにして関節の動きをつけるように施術していきます。

まずは患部の動き・痛みの確認を行います。確認後、症状の大きさなどにより電気治療や負担のかかっている筋肉をほぐしていきますが、ストレートネックは猫背や体全体のバランスが崩れていることも多いため、必要に応じて正しい姿勢づくりのサポート(猫背矯正や骨盤矯正)なども行っていきます。



その他症状はこちら

≫ むちうち
≫ 肩こり
≫ 四十肩・五十肩
≫ 腰痛
≫ ぎっくり腰
≫ 寝違え
≫ 坐骨神経痛

四十肩・五十肩チェック






こんな症状でお悩みの方に…


☑ ちょっとした動きで肩に激痛がでて動けなくなる
☑ ズボンを上げる際に肩に激痛が来る
☑ Tシャツを脱ぐのも激痛でオシャレができない
☑ 朝起きたときに肩の痛みが強くて辛い
☑ 肩の痛みが強くて家事を何もしたくない
☑ 何もしなくても肩がうずいている
☑ 整形外科や整骨院、鍼灸院に行っても一向に改善されない
☑ 正面から手を上げると肩に痛みが出る
☑ 横から手を上げると肩に痛みが出る
☑ 正面横から手を上げるのはできるが、伸ばしすぎると肩に痛みが出る
☑ 腰の方に手が回らない
☑ 後頭部に手が回らない
☑ 手を上げた時にシビレが肩辺りに出る
☑ 肩・前面・側面・後面の痛み
☑ レントゲンや画像検査をして異常はないが動かすと痛みが出る
☑ 夜間痛みが出て寝付けない等・・・



上記に当てはまる方は、当院までご相談ください。

四十肩・五十肩にはこういった様々なケースがあります。
こういった症状は、日常生活の中で、肩の周囲に何らかの負担が積み重なり痛みが出ています。
四十肩・五十肩は複数の要因が重なって起きている場合が多いので、それを一つ一つひも解くことであなたを長期的
苦痛から解放できます。





その他症状はこちら

≫ むちうち
≫ 肩こり
≫ ストレートネック
≫ 腰痛
≫ ぎっくり腰
≫ 寝違え
≫ 坐骨神経痛

腰痛治療



◆腰痛でこのような悩みを抱えておりませんか?


・重たい荷物を持つときに腰を痛めてしまった。
・長時間立っていることが多く、立っていると腰も痛いし、足がしびれてくる。
・デスクワークなどで座っている機会が多く、腰がいつも痛い。
・スポーツなどのトレーニングで、過度に腰に負担がかかり、腰を痛めてしまった。
・骨盤周りが歪んでいると言われ、昔からの腰痛持ちである。



上記のようなお悩みに関しましては、すべて松戸市北小金の当院で腰痛専門の治療を
行うことができます。少しでも気になる症状がございましたら
いつでもご相談下さいませ。




◆当院の腰痛治療では、より短期間で症状改善を図ることができます。

当院の腰痛治療は、痛めた腰だけでなく、全身の状態を
チェックしながら治療を行っていくのが一番の特徴です。

治療は院長の私が行わせて頂いております。


病院や他の医療機関では短い治療時間ですが
当院はできるだけ症状改善を早めることを目標にしているため
一回一回の治療の時間もしっかり設けております。(目安20分~30分)

腰痛の症状は、様々な要因が考えられますが
一番に考えられる原因は、腰回りの筋肉の使い過ぎから
起こる腰痛になります。

長時間の座位や立位の動作が日常生活で多い場合
お尻の筋肉を使いすぎ、腰を後方に下げてしまう可能性があります。
腰が後方に下がり無理な体勢になることで
痛みの原因を作り出してしまいます。

腰回りの筋肉を全体的に緩め、より症状回復を早めるために
全身の調整を行わせて頂くのが当院の腰痛治療の特徴です。



その他症状はこちら

≫ むちうち
≫ 肩こり
≫ ストレートネック
≫ 四十肩・五十肩
≫ ぎっくり腰
≫ 寝違え
≫ 坐骨神経痛

ぎっくり腰治療





ぎっくり腰とは、不自然な姿勢や急な動作などにより腰椎が瞬間的にずれてしまい、腰の筋肉が負荷に耐え切れずに炎症を起こしてしまう腰痛で、正式には「急性腰痛症」と呼ばれます。


ぎっくり腰はいわば「腰の捻挫」であり、急に起こるケースがほとんどですので、大抵は怪我として扱われ、痛みが発症してから2週間以内の場合、健康保険が適用されます。


ぎっくり腰の症状として多いものは、何かのタイミングで腰や背中に痛みを感じてしまい動くことができなくなってしまうことです。座ることはもちろん、体を横にすると起き上がることや寝返りをうつことも難しくなります。
また自力で服を着替えることやトイレに行くことすらも難しくなり、日常生活にも支障が出てしまうことで辛い思いをされてしまう方も多くいらっしゃいます。


ぎっくり腰の原因と予防




ぎっくり腰は、重い荷物を持ち上げた時にギクっとなるイメージが大きいと思いますが、それ以外にも、ゴミを拾おうとして前屈みになる、くしゃみをする、階段を上がるなど、ちょっとした動作で発症することもあります。

主な原因としては

● 長時間の立ち仕事や中腰などの不自然な体勢
● 姿勢の悪さ
● 筋肉疲労
● 運動不足
● 体の冷え
● 肥満
● 体のかたさ
● 古傷
● ストレス


などがあげられます。中でも、筋肉疲労や背骨のゆがみが蓄積することで起こりやすいとされています。そこに、上記のような動作が引き金となって発症するケースが大半ですが、中には、椎間板ヘルニアや、腰部椎間関節症など、もともと腰の病気があり、特に無理な動作をしたわけではないのに急に発症するケースもあります。






ぎっくり腰の一番の予防法は、腰に負担をかけていた生活習慣に気づき、それを改めることです。
予防や再発防止のためには、以下のようなことに配慮しましょう。


●重いものを持ち上げる際は、膝を伸ばさずきちんとしゃがんでから持ち上げる
●前屈みや中腰の姿勢など、腰に負担がかかる動作をする際は十分に注意する
●腰痛体操やウォーキングなどの適度な運動をとり入れ腹筋や背筋の筋力をアップする
●姿勢に気をつける
●コルセットなどを着用する
●食事や運動による肥満や冷えの予防・解消を心がける
●ストレッチやマッサージなどで筋肉をほぐす。



痛みがなくなっても、以前と同じように腰に負担のかかる行動や姿勢をとってしまうと再発する可能性が高くなります。 そのため、日々の生活にストレッチや運動などを取り入れたり、定期的に当院などの整骨院・接骨院などで体のケアを行うこともおススメです。


その他症状はこちら

≫ むちうち
≫ 肩こり
≫ ストレートネック
≫ 四十肩・五十肩
≫ 腰痛
≫ 寝違え
≫ 坐骨神経痛

寝違え治療





寝違えは、寝ている間に首の筋肉や関節、靭帯などを痛めて炎症を起こしている状態です。

通常は寝ている間であっても、無意識のうちに寝返りを打って姿勢を変えます。しかし、疲れがたまって熟睡したときや泥酔しているとき、ソファや狭い場所で寝返りが打てないときなど、不自然な姿勢のままで長時間寝てしまうと、神経を圧迫し寝違えを起こしやすいのです。



寝違えは首の筋肉が無理な動作で損傷し炎症する急性症状で、いわゆる捻挫に当てはまります。
無理に動かしたり間違った対処をすると、首や肩の負担・痛みが悪化したりしますので、早めに整骨院や接骨院、痛みがひどい場合やほかに違和感などがある場合は整形外科でレントゲンをとってもらい、早期治療をおススメします。

痛みの発症から2週間以内であれば健康保険が適応されますので安心してご来院ください。






寝違えの一般的な症状としては、以下のような症状が挙げられます。

寝違えの原因と予防




寝違えの直接的な原因は睡眠中の無理な姿勢によるものですが、以下の3点でも寝違えを起こしやすくなります。


1. 枕など、寝具が身体に合っていない
2. 身体の歪みにより、いつも曲がった姿勢で寝ている
3. 肩こりなどで筋肉が硬くなっていて、少しの圧力でもダメージを受けやすい
4. 仕事などが忙しくて疲れが溜まっている
5. 生活リズムが変わった


日頃から悪い姿勢をとり続けていると、それがラクな姿勢だとカラダが認識し、寝ている時に無意識に不自然な姿勢を取ってしまいます。
それが寝違えを引き起こす原因になってしまうのです。






寝違えの予防・改善には起きている時の姿勢から意識してなおしていきましょう。


1. 自分に合った枕にする
2. 泥酔しない
3. 疲労がたまっている時はゆっくり湯船につかってリラックスしてから就寝する
4. うつぶせ寝をしない
5. 時々ストレッチなどをして血行を良くする


寝違えを防ぐためには寝具のチェックと疲労やストレスを溜めない生活を心がけることです。それほど難しいものではありませんので、ぜひ皆さんの日常生活に取り入れてみてください。


その他症状はこちら

≫ むちうち
≫ 肩こり
≫ ストレートネック
≫ 四十肩・五十肩
≫ 腰痛
≫ ぎっくり腰
≫ 坐骨神経痛

坐骨神経痛治療


坐骨神経痛とは、人体のなかでもっとも太く長い末梢神経で、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。

この坐骨神経、太さは鉛筆ほどあり、下半身の中枢を担っている神経と言えます。


多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが現れるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。





坐骨神経痛とそれに伴う主な症状


• 腰の痛み、お尻の痛み
• お尻、太もも裏、足へかけての痛み、しびれ
• 体を動かすと痛みやしびれが悪化する(問題のある部位の状態により、前にかがめない、後ろへ体を反らすことが出来ないなど)
• 痛みのため歩行が困難になる
• 足に力が入らなくなる
• 下半身の筋肉の太さに左右差が出てくる
• 座っていられなくなる
• 足を触ると感覚が鈍くなっている

腰痛と坐骨神経痛の違い

坐骨神経痛と腰痛はどちらも病気の名前でなく症状の名前になります。

腰痛   ・・・・腰やおしり回りの痛みや重苦しさがある
坐骨神経痛・・おしりや下肢に痛みやしびれ、足のつっぱりを含む神経症状が現れる


坐骨神経痛は時に腰痛も同時に表れることがあるので区別がつきにくくなることもありますが、お尻や足の痺れなどの症状もあれば坐骨神経痛と考えてよいでしょう。



腰痛の特徴

腰痛は、長時間にわたり同じ体勢でいたりすると筋肉がこわばるなど緊張し、痛みとして感じます。
どんよりと重たい感覚やだるさが背中から腰にかけて全体的に広がる感じがし、腰の曲げ伸ばしがつらくなることがしばしばあります。
また腰に良くない姿勢で長時間いたり、腰に負担のかかる体勢が習慣化されてしまうことで、腰を支える筋力が落ち、腰回りの筋肉が常に緊張状態にあり筋肉疲労が腰痛を引き起こします。



坐骨神経痛の特徴

坐骨神経痛の特徴は、お尻のほっぺた部分である臀部からつま先までの痛みやしびれがあるという感覚であったり痛みが片方の足に偏っていたり、動くと痛い方だけが固まっていたりするような寝違えたときの感覚にも似たような痛みが感じられることがあります。

例えば、歩いていると腰が痛くて動けなくなり、安静にしていると痛みは治まるという症状が先に出ます。そのうち症状が進行して安静時にも痛みが出るようになり、寝ている時に足を伸ばすと痛みが増す、座っている方が痛い等の体勢によって症状が出るような状態になります。

坐骨神経痛の原因と予防




坐骨神経痛の原因は、腰痛からであったり、病気からであったり様々ですが、高齢の方の多くは腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)が原因で坐骨神経痛が現れます。腰部脊柱管狭窄とは、腰のあたりにある脊柱管(神経が通る背骨の隙間)が老化などによって狭くなり、神経が圧迫された状態のことを言います。

若い方の場合は、腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアが原因となって引き起こされるケースが多いです。





坐骨神経痛を引き起こすことと生活習慣は深く関わっています。
ですので、生活習慣を見直すことは坐骨神経痛の改善と予防にも繋がるのです。


1.長時間の同じ姿勢は避ける。
2.背骨や腰の負担が減るよう姿勢を正す
3.適度な運動やストレッチをする
4.湯船にゆっくり浸かるなどして血液の循環を良くする
5.肥満にならないよう食べ過ぎ・飲み過ぎに注意する
6.腰に負担がかからないよう、少し硬めの寝具で睡眠をとる



「坐骨神経痛」は進行型の神経痛の症状です。
放置しておくと進行して次第に悪化していくので、なるべく早い対処が必要です。

「坐骨神経痛かも?」と思ったら当院までお気軽にお問合せください。


その他症状はこちら

≫ むちうち
≫ 肩こり
≫ ストレートネック
≫ 四十肩・五十肩
≫ 腰痛
≫ ぎっくり腰
≫ 寝違え